新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

家族が快適に暮らす新築物件

新築物件を購入するときに一番気になるのは間取りですが、子供一人に個室を、リビングは家族がくつろげる広さなどイメージして建築業者に伝え大まかなプランを作成してもらいます。基本的には家族全員が同じ時間を過ごすことになるリビングの位置や広さなどを優先するのがいいのではないでしょうか。どうしても広さがとれない場合は開放感を出す為に吹き抜けや窓などを工夫したらいいと思います。子供部屋や収納、動線などにつても初めの段階から家族で話し合いを重ねてより住みやすい間取りを作ることが大切です。

子供部屋も、つい優先しがちですが、よほど床面積に余裕がある場合以外は、8畳の部屋を兄弟で共有するほうが有効に使える場合もあります。ドアをふたつ作っておけば子供が成長した時点で2部屋にすることもできます。快適な住まいには通風なども関係してきます。空気の流れがあることでそこに住む人の健康にも影響してきますので空気の通り道を考えて窓やドア、換気口などを作っておく工夫も大切です。又、生活しやすい為にも人の動きも大切なポイントで特にトイレや洗面所は家族全員で使うので動きがスムーズになる配置が大事です。ドアの開閉などもどちら側にあれば危険がないか具体的にイメージして決めていくことが大切です。

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.