新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築物件を購入するのなら

家を購入する場合、新築で購入するなら分譲建て売りでなければ、内装や外観などある程度自由に決めれるという利点があるかと思います。しかし、そうした自由度が高いほど、自ら決めていく事も多くなり、完成までに時間もかかりがちになってしまいます。また、ある程度建築知識を学んだ方が、間取りの取り方や部屋の割り数を決める時に役立つと思います。

新築と言っても、車と同じで月日が経つにつれて劣化はしていきます。車の場合でしたら例えば洗車などを普段から定期的に行っている事により同じ日に仕上がった車でも、その後の劣化の変化に違いが生じると思います。しかし、家の場合そうした個人が定期的に行える清掃作業箇所が少ないと感じます。内装に関しても壁部分であれば、手入れは出来ますが天井部分などを掃除するのはなかなか大変な事ですし外壁などに関しては365日、雨風に晒されているにも関わらず、個人的に清掃する事は極めて困難です。

こうした視点で考えると家を建てる時に建築様式を洋式にするか和式にするかでその後の外観の見た目に違いが表れるかと思います。見た目の劣化が感じにくいのは和式の家だと私は感じます。何故なら、例えば瓦屋根の場合、瓦の質にもよりますが汚れが目立ちにくいですし、壁を木材を使用して作ると木材自体が正確な一辺色でないために黒ずみ等が浮き彫りにならないという利点もあります。建築デザインの好みは個々により様々だと思いますが和式建築の方が長期間に渡って見た目の劣化が目立ちにくいかなと思います。

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.