新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築物件の建売と建築条件付きの違い

夢のマイホームは新築物件が良いと考える人は多いです。そんなときにチラシなどを見ていると、建売住宅や建築条件付きという文字が見られます。建売住宅というのは、既に建築済みか建築途中の物件ということです。建築条件付きは、その土地に指定された建築会社の物件を建てることを条件に販売されています。後者の場合は自分で好きな建築会社を選ぶことができないので、信頼出来るかどうか不安になる場合もあります。

物件の購入の際には仲介手数料が発生します。不動産会社が物件を建てている訳ではなく、建築会社と購入者を仲介して代わりに手続きを行ってくれているだけです。その際には仲介手数料が発生しますが、これは建売住宅か建築条件付きかどうかで料金が変わります。建売住宅の場合は、土地にも物件にもそれぞれ仲介手数料がかかります。建築条件付きの場合は土地の仲介手数料だけで済みます。価格が高い物件であればあるほどに仲介手数料は高くなるので、土地と物件の両方を支払うことになれば初期費用が倍かかるということになります。初初期費用は手付金や、収入印紙代などにかかってくるので、それに加えて両方の仲介手数料を支払うことになれば資金不足になる場合もあるので注意が必要です。

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.