新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築物件にかかる税金

新築物件は未入居で築一年未満が条件であるので、マイホームとして相応しい条件が揃っています。中古物件に比べるとそれだけ価格は上昇しますが、資産価値としても高い物件であるので購入する価値があります。物件を購入する際には様々な事に費用がかかります。そして、毎年支払わなければならない税金も発生します。

新築物件はほとんどの場合はローンで購入するので、毎月返済していかなければなりません。更に不動産を所持していることにより発生する税金も支払わなければなりません。その金額も把握して貯蓄しておくことが大切です。まず、固定資産税を支払うことになります。これは新築物件であれば特例処置を受けることが出来るので、中古物件の購入時よりも支払う税金が少なくて済みます。住宅用に購入した場合は、三年間は支払いが二分の一になります。ただし、50から280の広さで、その内の半分が居住スペースである場合に限ります。また、この税金は毎年の1月1日に不動産を所有している場合に、納税の義務が発生します。つまり新築物件を購入するのであれば、1月2日以降に購入すればその年の固定資産税はかからないということになります。ローンの支払いもあるので、上手く減税することが大切です。

お役立ち情報

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.