新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築物件の内覧会には専門家の同行も検討しましょう

新築のマイホームを手に入れるという大きな夢がせっかく叶ったのに、いざ入居してみたら欠陥が……などという話はよく聞きます。戸建てにしてもマンションにしても出来の良い建物で安心して暮らし始めたいのは当然ですが、今は「知り合いの腕前の良い棟梁と、その仕事仲間に任せたから安心!」と信頼して施行をお任せすることは難しくなっています。

では、どうすれば安心して入居できるのでしょうか。第一には、内覧会(施行検査)をしっかりと行うことです。もちろん前準備として内覧会の日程前に、チェックすべき項目を頭に入れ、メジャーや軍手など必要な道具を揃え、間取りを見ながらチェックシートを完成させて当日の手順をイメージしておくなどしましょう。また、それでも専門知識には限界がありますし、実際当日になると業者の方の前で臆病になってしまうこともあるかもしれません。そういう方には、一級建築士の資格を持った専門家などに内覧会の同行を依頼するのが良いでしょう。入居も近づいている時期なので何かと出費も多く、数万円の依頼費用は馬鹿になりませんが、それでも受け渡しの後になって修理など発生するのも防げますし、何より専門知識を持った第三者のお墨付きを得られれば安心感はとても大きなものになります。また、事前に相手先に専門家の同行許可を取っておくとスムーズに運ぶでしょう。

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.