新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

しっかりした新築物件を建てる場合の土地の検査など

新築のしっかりした家を建てる場合には、内装の仕上げや構造も大事ですがそれ以上に土地が肝心です。建てた後に建具の不具合が出て、調べたら不同沈下などということにならないように土地は法務局で確認し、不安な場合には地震力検査を受けることも大切です。特に水路や川があった場所などは水が湧きやすく、こうした軟弱地盤をきちんと造成していないと沈下があったり車が通るたびに建物が揺れるという例もあります。土地を調べる為には法務局で登記簿謄本や所在地の公図と測量図などを確認することです。具体的に謄本にはその土地がどういう用途に使われていたか、水路や農地などが記載されて埋め立ててあれば形状や大きさを記載されています。

大事なことはしっかりした家を支えられるように造成されているかです。建築基準法では2階建てまでの木造住宅は地震力検査は義務付けていませんから、どうしても建てる前に不安があれば安心料として行ったほうが良いでしょう。土地検査では検査費用は購入者の自己負担になります。又、検査を行うには所有者の承諾が必要で、検査済の場合は検査結果や土地改良工事の記録や写真などを見せて貰うことです。特に傾斜地などは地震力検査が必須と言えます。

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.