新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築建設にかかる費用

新しく家を建てる場合、どれほどのお金がかかるのか、案外わからないものです。新築というのは、すでに建築済みの建物を購入する建売住宅と、自分で一から建築する注文住宅とに分かれます。建売住宅の購入手続きが土地と建物を一度にできるのに対して、注文住宅は、土地を持っていなければまず土地を買わねばなりません。そののちに住宅の費用を捻出するという、二重の購入をしなければならないのです。そのため、土地の購入代にいくら使うのか、建物の購入代にはいくら使うのかをあらかじめ決めておくべきなのです。土地選びと並行して、建物建築の施工業者も探さねばならず、準備期間も長く見積もっておくと安心でしょう。

新築物件の購入は、土地の売買契約から建物の施工時、それから建設中、最後に引き渡し時と、その都度お金がかかってきます。土地の売買契約時には手付金と言って、土地価格の10パーセント程度のお金を前もって支払わなければなりません。そののち決済時に、残りの費用を支払います。建物の建築費用は、前述のとおり、まず施工時、上棟、それから引き渡し時と、その度に総工事費を分割した金額を支払います。最初または最後に一括して支払うわけではないので、その都度お金を用意しておかなければならないのです。

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.