新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

マイホームの購入は新築にせよ中古にせよ計画性が必要

誰しも夢のマイホームを持つことに夢を抱いているでしょう。しかし新築にしろ中古にしろ、マイホームの購入には現実をしっかり見ながら決断をしなければなりません。すなわち、お金の問題です。マイホームの購入にはどれほどのお金がかかるのでしょうか。その計算をしておくことはとても大切なことです。

マイホームの購入はローンを組むのが一般的です。その期間はだいたい20年から最長35年というかなり長期的なものです。中古であればある程度短くても済むでしょうが、新築ともなるとやはり35年でローンを組む人が多いようです。35年間毎月休みなくローンを支払わなければならないというのは、相当な計画性が必要です。年2度のボーナス払いの月には、毎月の返済額とさらにボーナス払いでより多くのお金を支払わなければなりません。そうした部分をしっかり念頭に置いておかなければならないでしょう。

そして、マイホームを購入すると、月々のローン返済だけでなく、税金も支払わなければならなくなります。土地と建物には固定資産税と都市計画税という税金が毎年かかってくるのです。一括で納めることもできますが、年4回に分けて納めることもできます。マイホームの購入は、将来をしっかりと見据えておかなければなりません。

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.