新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築分譲マンションの動向

日本におけるマンション市場の今後は少子高齢化をいう現象を十分に考慮せずには販売には繋がらない状況です。今後は人口が減少するので新築マンションが大量に供給される時代はないでしょう。これからの新築マンションは安心と充実と高級感が大きな要素となり、販売戦略上最も重要な内容になります。各不動産会社は様々な付加価値をつけたマンションを打ち出しており、その事例について紹介いたします。

安心に関する内容としては、セキュリティシステムが完備しており、24時間管理人が常駐しているようなマンションが該当します。充実に関する内容としては共用施設が設けられている事例であり、キッズルームやコミュニティルーム、ゲストルーム、パーティールーム、シアタールーム、カラオケr-無などが充実しているマンションです。また、省エネルギーの環境対策や耐震性などの防災に配慮している物件として、非常用発電機による共用部設備に対する電力供給や免震装置を採用しているマンションなどが挙げられます。

高級感を遡求した例としては、コンシェルジュサービスを活用した事例や、ベンツ等の高級車を使用したカー・シェアリングサービスや送迎サービスを導入したマンション、車の入庫や出庫を依頼できるサービスや駐車場から入口まで車を回し、駐車もしてくれる送迎サービス付きのマンションまで登場しており、富裕層をターゲットにしたマンションが増えてきています。このように、一般的なマンションと差別化したマンションが今後は資産価値として維持していける時代になりそうです。

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.