新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築住宅はイメージを固めることが大切

新築にせよ賃貸にせよ、自分の住みたい家のイメージを持つことは大切です。とりわけ新築住宅の場合、賃貸と違って気軽に引越しができるわけではありません。住宅は一生でいちばん大きな買い物と言っても過言ではないでしょう。ですから、新築購入で失敗しないためにも、住みたい家のイメージをはっきりさせておくことが重要なのです。

まずは優先順位を決めましょう。住宅に何をいちばん求めるのかをはっきりさせておくべきです。何もかもを込めすぎると却って何も決められなくなってしまいます。それから敷地条件を確認しながら住宅に求めるイメージをはっきりさせましょう。敷地には建ぺい率などのさまざまな規制があります。規制内で住宅は建てなければなりませんから、敷地条件の確認は必須です。

住みたい家のイメージというのは、より具体的であると良いです。友達をたくさん呼びたいとか、家族が団らんできる家にしたいとか、部屋の間取りを考える際にも、具体的なイメージを抱いておくと、間取りを決めやすいです。そうはいっても、希望がすべて通るわけではありません。予算の都合や敷地上の規定などでイメージ通りにはいかないこともあるのです。だからこそ、優先順位を決めておくことが大切なのです。

お役立ち情報

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.