新築ほど気持ちの良い物件はありません。

新築ほど気持ちの良い物件はありません。

土間付きの新築物件に憧れる

モデルハウスを見学しにいった際に、土間付きの家を見つけました。土間といえば田舎の農家の玄関のようなものをイメージしますが、そのモデルハウスの土間は土間でありながら既存のものとはまったく違う感じでした。土間からの敷居はかなり低く、一般的な玄関をかなり広くした感じの造りです。土間というだけあって上がりかまちから直接部屋の扉に直結しているのも最近の家屋の造りではみない構造だと思います。

そんな現代的な土間を見てもっとも印象に残ったのが、「解放感」です。玄関部分が広いだけで家全体の空間が広く感じるから不思議です。私の祖父母の家にも昔ながらの土間がありますが、建て坪的にはそんなに広くはありませんが、やはり窮屈な感じを抱いたことはありません。不思議なものです。案内の人によれば風通しがよくなるなど、土間を設けるメリットはいくつもあるようですが、私としては解放感こそが土間のいちばんすぐれたポイントだと思いました。仕事から帰って扉を開けると開放的な空間が広がっていれば落ち着くのかな、などと想像。これから新築物件を建てようと計画中ですが、土間付きの家というのは間違いなく私の選択肢に入りました。素敵な家を建てたいものです。

お役立ち情報

Copyright 2018 新築ほど気持ちの良い物件はありません。 All Rights Reserved.